一棟マンション投資で将来を繋ぐ│個人でKeepしよう

不動産

副業としての不動産投資

グラフ

豊かな老後を実現したいと考える人の増加や物件情報の充実が、大阪の収益物件が注目されるようになった理由です。良い物件を選ぶためにはセミナーで学ぶことが重要であり、購入後は満室経営を実現するための地道な努力が必要です。

不動産投のセミナー参加

グラフ

東京で開催される無料の不動産投資セミナーに参加をする事で、より良い形で投資の知識を高める事が出来ます。まずは不動産投資セミナーでの成功者のありがたい話を参考にしながら、自分自身の投資に役立てる事も必要となります。

大都市の不動産投資

マンション

投資マンションの経営を成功するには、初期投資額と部屋の賃料で算出出来る利回りが重要になります。しかし利回りは全ての部屋が埋まる条件なので仮定の数字に過ぎません。よって入居率を高める要素である人口と利回りが優れている場所を選びましょう。

不動産投資を考えます

一棟マンション投資を成功させるために、専門の投資会社に協力してもらうと良いでしょう。人気の会社を紹介します!

資金を低利で借りれます

マンション

高度経済成長期から1990年代まで日本の不動産価格は上昇を続けて、不動産を購入することは簡単ではありませんでした。バブル経済の終焉以降は不動産価格が下落を続けている一方、収入が増えないため依然として入手するためのハードルは高い状態が続きました。 そのため、余剰資金を持つ中高年層の投資による資産形成が広がり続けています。更に近年の金融緩和の影響で金融機関から低金利で資金を借りることが容易になったので、従来は十分な資金を持つ場合にしか行われなかった一棟マンション投資の利用者が増えています。借りる金額は多額になっても低金利で将来的なリスクを抑えることが出来る上に、収益性の高い一棟マンション投資物件が増えていることが要因となっています。

利益率が高いです

日本経済が高成長を続けていた時期に一定の資産を形成している高齢者層は、近年の税制改定を受けて円滑な資産相続を行う手段を模索しています。一棟マンション投資は一個人が保有する資産で入手することは困難な場合が多いですが、金融機関から低金利で借り入れることで相続税額を減らして十分な資産を相続させる方法としても利用されています。 また、近年までは下落をし続けていた不動産価格ですが、近年の金融政策の影響で上昇の兆しを見せ始めています。一棟マンション投資として購入した物件を将来的な不動産価値の上昇時に売却すれば、更に利益を上げることが可能です。それまでの期間も、一棟マンション投資の利益率は現在販売されている多くの金融商品よりも高い傾向が実情です。