1. 痛風になった?ザイロリックの出番です   >  
  2. ザイロリックで痛みは消えない

ザイロリックで痛みは消えない

痛風発作に苦しむ男性

ザイロリックは痛風治療薬として国内外で人気の高いお薬です。痛風は体内に尿酸が溜まって結晶化することで関節炎から激しい痛みが生まれるものですが、ザイロリックには果たして痛風発作の痛みを緩和する効果はあるのでしょうか。

ザイロリックは尿酸降下薬と呼ばれている通り、体内の尿酸値を下げることが目的のお薬です。ザイロリックに含まれる成分には、残念ながら痛風発作の痛みを軽減する効果はありません。

痛風発作が起きてしまった時にザイロリックを服用してしまうと、痛風発作が治まるどころか逆に痛みが悪化してしまいます。痛風発作は体内の尿酸血しょうが溶け出すことで起こる痛みですが、その際にザイロリックを服用すると、さらに血しょうが溶けてしまうためです。痛風発作が起きた場合には、ザイロリックの服用は一旦中止して発作が治まって2週間ほど様子を見てから服用を再開することをお勧めします。

痛風発作の痛みはとても激しく、我慢できるようなものではありません。痛風発作を経験した人に話を聞くと、あの痛みは二度と味わいたくないと皆が口をそろえて言います。痛風発作の痛みを軽減するには、鎮痛剤を服用しましょう。鎮痛剤は市販のものでも良いですし、病院で医師に発作の痛みについて相談すると、ザイロリックと一緒に鎮痛剤を処方してくれるかもしれません。但し、アスピリンが配合された鎮痛剤は、アスピリンが痛風の痛みを悪化させてしまうことがあるため、避けましょう。

ザイロリックはあくまで尿酸降下薬であり、痛風発作の痛みを軽減させる効果は持っていません。痛風発作が起きた時は直ちにザイロリックの服用を中断し、鎮痛剤で対処しましょう。ザイロリックも鎮痛剤も海外医薬品専門の通販サイトで安く手に入るので、一緒に買っておくと便利です。